水で効果を上げ健康になる『水飲み1dayプログラム』を作ろう!

 

『人間の体の約60%は水』です。

したがって、体の半分以上を占めている水を飲むことが健康につながることはすぐに理解出来ると思いますが、

正しい飲み方をしないとせっかく水を飲んでもその効果が半減してしまいます。

一気飲みなどは正しい飲み方ではありません。

基本的な飲み方は、1日に飲む適応量を定め個々の生活のリズムに合わせ小分けをし、そして出来るだけちびちびと飲むことです。

順序良く行えば決して難しいことではありません。

これから更に正しい飲水法の知識を知ることであなたも水の効果を最大限発揮できより健康体へと近づくことが出来ます。

 

さて、特に日本では、これまで「健康や寿命は遺伝での影響を受けやすい」と言われてきました。

研究結果から健康や寿命を左右する1番の要因は生活習慣病であることも明らかになっています。

生活習慣病の改善は何よりも食生活の見直しが大事ですが、そこで一役買うのが体の約60%を占める『なのです。

 

1日の摂取量が2ℓになる理由

 

人間は、1日に約2.5ℓの水を放出しています。

内訳は、尿や便から約1.5ℓ、汗として約0.5ℓ、そして吐く息として約0.5ℓとなります。

これらは季節や運動などにより変動しますが合わせて1日に約2.5ℓ(1.5ℓ+0.5ℓ+0.5ℓ=2.5ℓ)の水が失われる計算となります。

その失われた水はすぐに補給しなければなりませんが、どうでしょう。

実際、1日に約2.5ℓの水を飲んでいるかと思うと誰でもちょっと首をかしてしまうかもしれませんね。

ですが、その摂取する水の種類としては飲み水だけではありません。

食事などからの水も含まれますし、代謝水と言って細胞のエネルギー代謝によって体内で作られる水もあるのです。

前者は約1ℓ弱、後者が約300mlとなりますのでこれらを合計した量を約1ℓとしますと、これをマイナスした残りの約1.5ℓを水などで補給することになります。

しかし、ここはこれからの『水飲み健康法』を考量して1日の水の摂取量を約1.5ℓとは言わず約2ℓは摂取して欲しいところです。

2ℓの水とはミネラルウォーターのペットボトルサイズとして丁度区切りの良いサイズでもありますよね。

はじめは飲む量が多く感じるかもしれません。

1日の内であなたの生活に合わせどの時間帯で分けて水を飲むのかプログラムを立てる
この2ℓのペットボトルを1日で飲み切るという目標が達成されやすくなると思います。

 

1日の摂取量の目安

 

※1日の水の摂取量は個人の体の大きさにも関係してきますので、「1日にどの程度飲んだら良いのか?」と、迷ったときは

大体の目安として『体重×30ml』と考えると良いでしょう。

 

例えば、体重60kgの方であれば『60kg×30ml=1800ml』となり、1日に1.8ℓの水を摂取することになります。

 

1日の摂取量の目安 = 体重 × 30ml

 

水の飲み方1dayプログラム

 

実行しやすい1日の飲水法『1dayプログラム』を図解で示してみました ▼

↓   ↓   ↓
  • 6:00 起床=目覚めの一杯にもなります。睡眠中に失った水分を補給し胃腸の働きを促進します。特に硬水のミネラルウォーターを飲む習慣が便秘の改善につながります。
  • 7:00 朝食=多量の水を飲むと胃液が薄まり消化機能を低下させますので、出来るだけ食べる前に飲みます。
  • 9:00 職場=通勤中での歩き、呼吸などから失った水分を補給します。仕事始めの一杯は「さあ、これから仕事を始めるぞ!」というポジティブな気持ちにもさせてくれます。
  • 12:00 昼食=消化の低下を避けるために食事中に飲むのではなく食前に飲みましょう。夏バテなど食欲が湧かないときには食欲を促進する効果のある炭酸水を食前に飲むのも良いでしょう。
  • 15:00 仕事(休憩)中=この時間帯で水を1杯飲むのは1日のリズムとしてサイクル的にも良いでしょう。ミネラルウォーターに含まれるカルシウムは仕事でのストレスなどに対して心を落ち着かせてくれる効果もあります。
  • 18:00 退職前=1日の仕事の疲れをリセットするためにもコップ1杯の水を飲みましょう。水を飲むことは喉など口内を潤わせ帰宅途中における風邪のウイルス、花粉などに対し守ってくれる役割があります。
  • 20:00 夕食=仕事を終え帰宅してやっとリラックスモードに入るときです。夕食時にも食事中に飲むのではなく食前に水を飲みましょう。お酒を飲む方は夕食前の飲水には躊躇する方もいるかと思いますが、“以前より水を多く飲む習慣をつけることで夜にお酒を多く飲まなくてもいられるようになった“という報告もあります。
  • 21:00 入浴前=入浴時にはたくさんの汗をかくため入浴前に水を飲みましょう。汗を出すことは、老廃物の排出など新陳代謝の促進につながります。入浴前の1杯の水は『宝水』とも呼ばれ健康上最も効果的な1杯となります。
  • 22:00 就寝前=睡眠中は約0.5~1.0ℓの水分が失われますので就寝前にコップ1杯の水を飲みましょう。このとき飲む水は硬水ではなく体にやさしい軟水を飲むことをすすめます。深い睡眠を促すためや夜中にトイレが近くなることを避けるためにも寝る直前に飲むのではなく就寝1時間前位に余裕を持って飲むと良いでしょう。

 

以上、水を飲む時間帯として飲むタイミングを小分けしました。

夏の暑い日や運動後など喉が渇いていればコップ一杯の水は一気に飲み干したくなるものですが、前述したように飲むときにはちびちびゆっくり飲むことが体内への水の吸収力を上げ体にも良い効果をもたらします。

 

※お勤めの方、主婦業の方、学生の方、また定年退職者の方などいらっしゃるかと思いますが、水を飲むことにストレスを感じないように個々の生活に合わせ1日のサイクルをアレンジすると良いかと思います。

 

それでも、自分に合った水飲みプログラムの作成が難しいと思ったときは

【起床時に1杯、午前中に1杯、午後に2杯、就寝前に1杯】

が最低限の飲む目安となりますので参考にしてください。

 

1日の3食については水を飲みながら食事をする習慣が誰にでもあると思いますが、食事前に水を飲みましょう。

なぜなら、水は多く飲むと胃液が薄まり食べ物の消化を低下させる働きがあるからです。

また、食欲がないとき、夏バテで食べ物が喉を通りにくいときは水の代わりに炭酸水を飲むと食欲を促進させる効果があります。

 

あなたの体や健康に合わせた飲むミネラルウォーターの種類についてはこちら
⇒ http://water-principle.com/mineralwater/erabikata-nomikata/

半月で体の水を総入れ替えする

「水の効果とは?」

と聞かれると、それこそたくさんの効果があり、また現時点ではまだ発見できていない効果もあるかと思います。

今わかっている代表的な効果として新陳代謝の促進や解毒があげられますがそれに関係したことをお話しします。

 

人間の体の約60%が水で成り立っていることを言いましたが、例えば体重50kgの人の体内の水分量は、50kg×0.6=30kg。

30kgの水とは30ℓになります。

体重50kgの人なら約30ℓの水分を体内に保持し、毎日約2.5ℓの水を入れ替えていることになります。

 

ここで前述した1日の放出量約2.5ℓ(個人により違いますが目安として)の水がしっかりとその分補給されていれば、30ℓ÷2.5ℓ=12日間となり半月程で体内の水が入れ替わる計算となるのです。

もちろん体内に残る古い水の順番から放出されたらの話になりますので余裕を持って考えると約1か月間もあれば実行できるかと思います。

水の摂取量が滞ると体内の水不足となり代謝が悪くなります。したがって、毎日の水の補給は欠かせないです。

 

3~10週間かけて食生活を見直せば生活習慣病のリスクが減り健康方向へとなりやすいと言われているように、水飲みプログラムを使って体内の水の入れ替えをし、より健康になりましょう。

 

更なる水の効果を求めて

 

自分の1日の水飲みプログラムを実行に移し習慣化できましたら更なる水の効果として以下のような方法があります。

  • ゆっくりとお風呂に入ることで体温を温め血流をよくし、新陳代謝を高める
  • 散歩、ジョギングなど適度な運動をして体内にたまった老廃物を汗と一緒に外へ出す
  • マッサージ、ストレッチなどで体をほぐし血流をよくする

これらの方法は体内に水が巡回することが前提となりますのでそのために水飲みプログラムを行ってください。

全部出来なくても1つだけでも、また毎日できなくても少しでも励んで取り組むことでその分効果が上がります。

 

まとめ

 

  • 1日の水の摂取量を決めること
  • 生活に合わせた飲むタイミングを決めること
  • ちびちびと飲むこと

この3つの飲水方法が最大限水の効果を体にもたらすということです。この飲水方法を無理なく習慣づけるため、あなたに合った『水飲み1dayプログラム』を作りさっそく実行へと移しましょう。