天然水とミネラルウォーターは違う?4種類の見分け方はラベルで見て簡単!

 

水を飲む前に「ちょっと待って!」

 

一般に市販されているミネラルウォーターには天然水ではない水、またミネラルウォーターでもない水があります。

 

もちろん、それぞれの水には特徴があり、どれが一番優れているのかは一概には決められません。

 

但し、軟水や硬水、また水に含まれるミネラル成分や特徴をよく知り目的や用途に合った水分補給をしてみたいですよね。

 

今回は、意外と知られていない天然水やミネラルウォーターの見方、含まれるミネラル等栄養成分の見方まで誰でも簡単に分かる方法を紹介します。

 

昔の日本と違い、今は水をお金で買うことも当たり前になっています。

 

安いという理由から安易に購入せず、納得した上で水を購入できるくらいの知識を蓄えておくのもこれからはいいかと思います。

 

天然水とは

 

 

「自動販売機やコンビニで売っている水は全て天然水だから体に良い!」

 

ちょっと待ってください。
販売されている飲み水が全て天然水、またはミネラルウォーターとは限りません。

 

「天然水とは何か?」

まず、その前に市販されている飲用水は成分内容によって日本では4つに分けることが出来るのです。

 

以下、ざっと4つの内容に目を通してみてください。

 

ナチュラルウォーター 特定の水源より採水された地下水が原水であり、処理方法が、沈殿、ろ過、加熱殺菌のみで行われている。
ナチュラルミネラルウォーター ナチュラルウォーターのなかでミネラル成分が自然の状態で溶け込んでいる水のこと。処理方法は、ナチュラルウォーターと同じ。
ミネラルウォーター ナチュラルミネラルウォーターのなかで品質の安全性のため人工的にミネラル成分の調整、処理をおこなったもの。
ボトルドウォーター 地下水ではなく飲用水として、純粋、蒸留水、水道水のこと。

 

(※農林水産省のガイドラインにより4つに分類されています)

 

ボトルドウォーターとは?

 

上記の4つの中でも天然水と定義づけできる飲用水が、ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターの2つです。

 

なかでもナチュラルミネラルウォーターが多く販売されています。

 

ミネラルウォーターは人工的にミネラルを加えているため天然水ではありません。

 

そして、4つの中で地下水を原水としているのが

ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、そしてミネラルウォーターの3つです。

 

ですから、ボトルドウォーターは天然水でも、またミネラルウォーターのような地下水でもないということです。

天然水かどうか調べる簡単な方法

 

 

上記の表から、飲用水が(農林水産省のガイドラインにより)4つに分けられ、天然水がナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターのことであると理解出来たと思います。

 

しかし、実際にコンビニやスーパー等で買おうとする水が天然水、またはミネラルウォーターかどうか、たくさん売られている水の中からどのように調べたらよいのでしょうか?

 

ミネラルウォーターやボトルドウォーターは天然水ではありませんよね。
見た目はどの水もほぼ同じですので外見だけでは水の種類は分かりません。

 

「天然水なのかわからなかったけど、せっかくお金を出して買ったので最後まで飲みました!?」

なんてことは避けたいですよね。

 

そこで、水を買った後に後悔しないように、天然水かどうかを簡単に調べられる方法があります。

 

それは、ペットボトルのラベルにある『名称(または品名)』というところから前記の水の4つの分類を確認することが出来るのです。

 

ペットボトルのラベル『名称』から
水の種類を確認できます↓

 

ここで、ラベルの『名称』にナチュラルウォーターかナチュラルミネラルウォーターかのどちらか明記されていれば、その水が天然水であることが分かります。

 

メーカーは販売上、この『名称』を必ず記載しなければなりませんので誰でも確認することが出来ます。

 

原材料名について

 

ラベルの表示内には『原材料名』という項目もあり、水の原料が何処から汲み上げられたのか、井戸水、湧水、または伏流水などの表示から知ることも出来るのです。

 

『原材料名』は、以下に分類することが出来ます。

 

浅井戸水 浅い井戸から採水した地下水
深井戸水 深い井戸から採水した地下水
湧水 自噴(自ら噴き出す)している地下水
鉱泉水 25℃未満の自噴する地下水でありかつ溶け込むミネラル成分により特徴づけられる。
温泉水 25℃以上の自噴する地下水、また温泉法の規定のミネラル成分があり飲用であること。
鉱水 地下水であり溶け込んでいるミネラル成分により特徴づけられる。
伏流水 河川敷や砂礫層などのなかを流れる浅い地下水。

 

一般に売られている代表的なナチュラルミネラルウォーター、例えば、南アルプスの天然水やフランス原産のエビアンでは鉱水や鉱泉水が原材料名として使われていますが、

同じナチュラルミネラルウォーターの【霧島湧水】などでは商品名にもなっているように原材料名は湧水となっています。

 

ラベルから『原材料名』を確認する参考画像がこちら↓

 

例) 水の種類 原材料名
evian ナチュラルミネラルウォーター 水(鉱泉水)
霧島湧水 ナチュラルミネラルウォーター 水(湧水)
温泉水99 ナチュラルミネラルウォーター 水(温泉水)

 

ラベル全体の見方

 

では、ペットボトルに貼られているラベル全体の見方を解説したいと思いますが、大概は下の画像のようなラベルが貼られています。

 

お手持ちの水のペットボトルを参考に確認してください!

 

 

詳しくは(補足) ↓ ↓ ↓

●名称(品名):
・ナチュラルウォーター
・ナチュラルミネラルウォーター
・ミネラルウォーター
・ボトルドウォーター
のいずれか4つの種類に区別される。

●原材料名:
・浅井戸水・深井戸水・湧水・鉱泉水・温泉水・鉱水・伏流水に区別される。

●採水地、原産国:
日本の水だと『採水地・・県・・市・・町』などの表記。輸入水だとフランスなど原産国名の表記、ボトルドウォーターだと記載なしの場合もある。

●賞味期限:
未開封の状態で保存できる日付を記載。

ラベル表記でチェックしたいところは?

 

さて、ここまで読んでいただけたならラベルからもう少し水の見識を深めていきましょう!

 

では、参考に『南アルプスの天然水』のラベル表記を見てみましょう。

 

南アルプスの天然水のラベル

↓ ↓ ↓

●pH値・・・・・・・・7
●硬度・・・・・約30mg/l(軟水)
______________________________
●品名:ナチュラルミネラルウォーター
●原材料名:水(鉱水)
●採水地:山梨県北杜市白洲町
●内容量:2000ml
●賞味期限:キャップに記載
●保存方法:直射日光を避けて保存してください。
●販売者:サントリーフーズ(株)…

 

更に、あなたが目指そうとする健康体や体質に近づくためには、
【名称】や【原材料名】だけではなくラベル全体から内容項目を見ていく必要があります。

 

その中でも気にして頂きたい項目が上の画像で示している【栄養成分】、【pH】、そして【硬度】です。

栄養成分について(ミネラル)

 

【栄養成分】はどんなミネラル成分が含まれているかを記載しています。

カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムの記載が一般的ですが、その他バナジウムやケイ素などもあります。

 

この栄養成分の内容から用途や目的に合わせ摂取したいと思うミネラル成分やその量を見て判断することが出来ます

pHについて(アルカリ度)

 

【pH】(ペーハーまたはピーエッチ)値は、水の中の水素イオン濃度を示したもの、または中性である【pH】値7.0を基準に水の酸度を表したものです。

一般的な解釈としては、酸性、アルカリ性を数値で表したもので人間の体は7.4前後に保つ働きがあります。

【pH】値は、0~14の間で表され7.0よりも上の数値になるとアルカリ性、下の数値になると酸性になることを示しています。

 

健康体の人は弱アルカリ性ですが、人間は年齢を重ねると体に占める水の割合が少なくなり酸性傾向になっていきます

体が酸性になると疲れやすくなることから、弱アルカリ性に戻すことが疲労回復に繋がります。

 

人間の体は、食べ物の内容により酸性またはアルカリ性に偏ることはありませんので、そこで、アルカリイオン水の摂取が疲労回復に繋がるのです。

さらにアルカリ性の水は老化の原因である活性酸素を抑える働きがあります。ですからアンチエイジングに役立てることにもなります。

一般に健康体の体液はpH値が約7.4と弱アルカリ性ですから市販のアルカリイオン水との相性は良いとされています。また摂取することで生活習慣病の予防にもなります。

 

硬度について(軟水・硬水)

 

【硬度】をよく表すものとして、軟水硬水などで知られていますね。

 

【硬度】とは、水1000ml(1リットル)中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表しておりWHO(世界保健機関)の規定では『120(mg/l)以下を軟水、120(mg/l)以上を硬水』としています。

 

日本の水では、例えば、『南アルプスの天然水』の硬度は約30(mg/l)でしたね。

では、フランス原産のエビアンの硬度はというと、これが約304(mg/l)です。

全然、硬度が違いますね。

 

120(mg/l)以上を硬水と呼びますので、エビアンは硬水となります。

 

 

一般には、日本には軟水、ヨーロッパなどでは硬水が多いのですが、今ではヨーロッパ産の硬水が多く輸入され日本で売られていることが普通になっています。

 

これは、用途や目的に合った使い方として日本の消費者から硬水も選ばれている証です。
(硬水はダイエットや健康目的、料理などにも使われています)

 

また【硬度】とは、1つは”飲みやすさ”の基準でもあり日本人の場合ですと、飲み親しんだ環境や体質から硬度が低い軟水が飲みやすく、硬度が高い硬水は飲みにくいとされています。

 

軟水と硬水、成分効果を試す前に、まずはそれぞれの口当たりを試してみるのもいいかと思います。

 

以上、これまでを簡単にまとめますと、

ペットボトルのラベル表記から水の種類や天然水かどうか、採水地や硬度、水に溶けているミネラル成分まで知ることが出来るということです。

 

これからは、少なくとも水を飲む前に『名称』だけでもチェックする、いや買う前にチェックしてもいいかと思います。

おすすめの天然水とは

 

 

天然水を飲むのであれば、おすすめなのが、やはりナチュラルミネラルウォーターと言えます。

 

理由は、身体に良いミネラル成分が自然の状態で溶け込んでいる水だからです

 

せっかく、お金を出して水を買うならそこは天然水のナチュラルミネラルウォーターといった感じではないでしょうか。

 

また、ボトルドウォーターの場合、4つの飲用水の種類の中では唯一劣っているように感じてしまいがちです。

 

しかし、天然水を含め飲料水を販売するコストは水の採水コストよりも容器代、人件費、配送コストが一番かかります。

 

ですから、ボトルドウォーターのような地下水を原水としない飲料水であってもペットボトルとして私たちのところまで届くには採水以外のコストが思っている以上にかかっているということです。

 

また、アルカリイオン水などはその製造工程によりボトルドウォーターを使用していることがあります。

 

天然水に比べ内容量も同じなのに、ボトルドウォーターがメーカーによっては安い値段で売られていることもあります。

催物会場、イベント等にて無料で配られるペットボトルの水はボトルドウォーターの場合が多いようですが無料で配るには好都合と言えるようです。

 

さて、イベントなど水が無料で配られる機会がありましたら、そっと周りに気づかれないように『名称』をチェックしてみてください。

 

追記(日本とヨーロッパ、水の考え方の違い)

 

日本ではより安全性を求めることから天然水であっても必ず殺菌することが求められています。

 

しかし、ヨーロッパ(EU)でのミネラルウォーターは一切の人の手を加えずより自然のままの状態を維持することに価値を置いています。

採水したミネラルウォーターをそのままペットボトル詰めしているのです。

 

ですから、さっそく採水地の汚染等を心配する声が聞こえてきそうですが、

ヨーロッパでは、採水地周辺の工場、ゴルフ場など汚染が懸念されるような施設の建設禁止や水の資源を汚染から守るような厳しい環境保護がなされています。

また、1日の内で何度も水質検査が行われたりしています。

 

日本の天然水は必ず殺菌する、ヨーロッパなどでは殺菌せずそのままを利用する。

このあたり飲み水に対する考え方の違いが日本とヨーロッパではあるようです。