飲む『海洋深層水』とは?そのミネラル効果は果たして本当か?

 

 

海洋深層水は他のミネラルウォーターとはちょっと離れた存在に感じる方もおられると思います。

 

その理由として、一般の天然水やミネラルウォーターが主に陸地上で採水されるのに対し、この海洋深層水は海の中、それも深い水域内の海水ですから。

はたして「海水を飲んで大丈夫なのか?」、「塩っ辛くないのか?」などと考えられてもおかしくはないと思います。

 

ですが、結論から言いますと全く問題ありません。

海洋深層水は飲んでも大丈夫です。

 

それどころかその特徴的な水質によりからだに対する効果が現れることから今では生活に広く浸透しています。

 

そんな海洋深層水について簡単ではありますが話していきたいと思います。

 

海洋深層水とは?

 

 

海洋深層水とは水深200m以下にある海水のことです。

(深海魚も水深200以下の海域に生息する魚類のことですね)

 

この海洋深層水の特徴は、他のミネラルウォーター類と違い太陽光がほとんど届かない環境から独自の水質を保っていることです。

 

その水質とは、水温が低温の状態で保たれているため細菌が少ないことから清浄性がありること。

河川や表層との交わりが少ないため化学物質や放射性物質など環境汚染からの影響を受けにくいこと。

太陽光がほとんど届かないため植物プランクトンによる光合成が行われにくいため生育できずよって窒素、リン、ケイ素などの有用成分がそのまま残っていることです。

また栄養塩やミネラルが豊富ということも挙げられます。

 

栄養塩とは表層(海面に近い層)から沈降してくるプランクトンや魚類等の死骸が分解されたもの。

死骸と聞いてなんだかネガティブな感じに受け取ってしまうかもしれませんが生物が生きていくために必要とされる塩類のことですから有益な成分なのです。

この栄養塩は水深が深くなるほどその濃度は高くなる傾向にあります。

 

海洋深層水に含まれるミネラルで最も多いのがマグネシウムとカルシウムです。

 

 

※ Point ⇒ 海洋深層水の性質の主な特徴は『清浄性、定低温性、栄養塩』。

 

採水方法

 

 

海水と陸水との違いとして、海水には含まれるマグネシウムの量が多いことです。

 

採水方法として水深200m以下の海域にパイプを引いて汲み上げるのですが、そのままの状態で飲んでももちろん塩っ辛いだけです。

ろ過をして脱塩、細菌を行い最後にペットボトルに入れ商品として出荷しています。

 

このような作業工程から機能水としての位置付けもあります。

 

海洋深層水の始まりは1930年頃のフランスと言われていますが、日本では1980年代後半に高知県室戸市、富山県氷見市が始まりです。

当初は、海洋深層水の水質を活かした養殖業のための研究でしたが「ミネラルウォーターや化粧水、食材の加工工程の利用として一般に販売してはどうか?」という案から今現在に至っています。

 

世界的にみても日本の海洋深層水の産業分野は最先端にあり現在の販売数から考えても浸透度もかなり広がっています。

 

海洋深層水の効果

 

 

海洋深層水はマグネシウム、カルシウムの量が他のミネラルウォーターと較べて多く含まれます。

 

飲水による効果として、マグネシウムは新陳代謝の促進、便秘の解消、糖尿病の改善などの効果。

カルシウムはイライラを取り除き精神の安定、早や骨を形成、骨粗しょう症を予防する効果があります。

現代人はマグネシウムが不足がちと言われていますので海洋深層水の飲水がおすすめです。

 

またダイエットにはマグネシウムとカルシウムの両方の摂取が欠かせません。それら両方を多く含む海洋深層水はダイエットに適しているのです。

 

 

※ Point ⇒ 海洋深層水はカルシウム、マグネシウムが多く含まれる。

 

飲むタイミングと効果的な飲水法

 

 

飲むタイミングとして

 

【起床時に1杯、午前中に1杯、午後に2杯、就寝前に1杯】

 

を心がけましょう!

 


 

 

海洋深層水を中心に多めに飲みたいと考えている方はこちらの記事を参考にしてください。
参考水で効果を上げ健康になる『水飲み1dayプログラム』を作ろう!