飲む『温泉水』その効果とは?ヨーロッパの飲泉法を日本でも始めよう!

 

日本では、温泉と言えば浴槽に入った温泉にゆっくりとつかること。

主に神経痛、関節痛、筋肉痛などの疾患や慢性消火器病、痔、冷え性などの症状の改善効果を目的とした入浴が一般的です。

 

以前は都心から離れたのどかな場所でのイメージが強かったのですが、今では技術の向上により都心でも温泉が掘削され身近な存在になりつつありますね。

 

では今回のテーマである温泉水、その活用方法とは?

ズバリ、その温泉を飲み健康などへの効果を得ることです。

 

温泉水を直接体内へ取り入れますので効果は早いですが、同時に泉質や衛生面には気を付けなければなりませんね。

 

この記事では、その温泉水の効果から日本でも復活しつつある飲泉法について簡単な内容となりますが少しでも健康やお役に立てれば幸いです。

 

温泉水って何?

 

温泉水とはマグマの地熱でもって温められた地下水のことです。

 

また、農林水産省が提示した「4つに分けられるミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」により、温泉水は天然水であるナチュラルミネラルウォーターに分類されます。

(ナチュラルミネラルウォーターとはナチュラルウォーターのなかでミネラル成分が自然の状態で溶け込んでいる水のこと。処理方法は、ナチュラルウォーターと同じ。)

 

4つに分けられるミネラルウォーターついては
参考天然水とミネラルウォーターは違う?4種類の見分け方はラベルで見て簡単!

 

温泉水を飲む?飲泉について

 

温泉水を飲むことを飲泉といいます。

 

以前の日本では、飲水可能な温泉水を提供していた温泉地も多数ありましたが、適切な指導法が実施されることが無かったことから下痢などが相次ぎ、飲泉の習慣は途絶えてしまいました。

現在では飲泉許可を得た温泉地でのみ、飲泉や温泉水の持ち帰りが可能となっています。

 

さて、ヨーロッパでは温泉と言えば飲泉を意味するほど温泉水が親しまれてきた歴史がありま

す。

もともと日本とは飲み水に関しての概念の違いがありヨーロッパでは温泉水だけではなく飲み水として天然水に対する衛生指導は厳しい管理下の元で行われています。

そのような経緯もあり、ヨーロッパでは飲んで体の中から病気を治す『飲泉法』が今でも常識であり生活の一部となっているのです。

 

飲泉の習慣が途絶えてしまった日本ですが、現在では飲用可能なまでにろ過し、さらに臭いを取り除いた状態で温泉水が販売されていますので全く問題なく飲み続けることができるようになりました。

 

温泉水の効果・効能

 

温泉の泉質が採水地の源泉によって異なるように温泉水の成分もそれぞれ異なります。

温泉水に含まれる成分は主にカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、リチウム、サルフェート等があります。

【奇跡の水】として有名な南フランスにある『ルルドの泉』は世界中から病気治療のために多くの人たちが訪れますが、代表的な飲泉地でもありますね。

 

豊富なミネラル成分を含んだ温泉水を直接からだの中へ取り入れますので効果は早いとされています。

 

胃腸を整える働きの効果がある炭酸水素塩(重炭酸塩)泉、便秘の症状には胃酸塩(サルフェート)泉に効果があります。

一般になかなか含まれない成分を含む温泉水もあることから目的に沿った種類を選ぶと良いでしょうが、これらは現地では飲水可能であってもまだ市販化はされていないことも多いのが事実です。

 

現地で温泉水を飲むときは注意書きをよく確かめ健康状態を確認して飲まなければなりません。

また必ずしも提供されている温泉水の中には飲用に適していない場合もありますから十分注意して飲泉する必要があります。

 

出典:ACPHOTO(鹿児島垂水漁港より)

 

ここで身近に温泉水を飲んでみたと感じたら、現在市販されている温泉水としてはアルカリ度の高い源泉地である鹿児島県の垂水や静岡県下田市が温泉水の採水地として有名です。

 

効果としては体をアルカリ性に向かわせることで疲労回復や胃腸を整える働きがあります。

人間の体は加齢や弱ってくるとアルカリ性から酸性へと傾くことで代謝や血行が悪くなりますので、アルカリ性の強めの温泉水は適しているといえます。

アルカリ性の水は体内への浸透力があり吸収力に優れていることから口当たりも良くからだに無理なく吸収していくことも特徴です。

 

現在では、遠く足を運ばずに通販で購入可能なペットボトルの温泉水が販売されていますので健康なからだ作りのためにも、これを機会に『飲泉法』にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

温泉水の選び方

 

販売されている温泉水として鹿児島垂水市を源泉とする【温泉水99】、【財宝温泉水】があります。

 

どちらもアルカリ性が強い天然水となりますので効果としては前述の通り疲労回復と胃腸の改善です。またどちらも天然水であることは嬉しい限りですね。

 

【温泉水99】

 

温泉水99』は、天然アルカリイオン水だからこんな悩みも解決!

 

ポイント

 

  • 世界でも希少な超軟水(硬度1.7)⇒ 軟水だから飲みやすい!
  • 天然アルカリイオン水(pH9.9)⇒ からだを酸性から弱アルカリ性へと戻し健康に!
  • 鹿児島県の垂水温泉地下750mの採水⇒ 希少な水質を守るため1か所のみで採水
  • 水の粒子が水道水より細かく、浸透力がすごい⇒ ご飯をふっくら炊いたり、化粧水としても使える浸透力がある!

 

 

今なら、『温泉水99』のお試しセット1.9L×6本を
キャンペーン初回限定価格990円(税込)にてご提供
さらに送料も無料(沖縄を除く)

 

詳しくはこちら↓

【財宝 天然アルカリ温泉水】

 

有名な財宝から天然アルカリ温泉水(2L×6本)となります。

 

飲みやすい軟水でアルカリ性が強めの温泉水ですから体内を酸性から弱アルカリ性へと戻し弱った体を健康にします!

またこちらの成分の特徴として『シリカ(ケイ素)』が含まれていることです。

シリカ(ケイ素)とは、お肌や髪、爪や骨などの人の身体を構成するに欠かせない大切なミネラル成分です。


飲むタイミングと効果的な飲水法

 

飲むタイミングとして

 

【起床時に1杯、午前中に1杯、午後に2杯、就寝前に1杯】

 

を心がけましょう!

 

短期間での効果を期待するあまり過剰な量や一気飲みは逆効果となる場合がありますので気を付けましょう。

 

 

1日の飲み方のスケジュールとしてはこちらの記事が参考となります。
参考水で効果を上げ健康になる『水飲み1dayプログラム』を作ろう!