(高濃度)酸素水は現代人に必要か?その効果とデメリット、活用方法まで解説!

 

酸素水には様々な効果があります。

 

分かりやすい例としては、

持久力を必要とするアスリートが酸素と水分補給を同時に行うため。

また血行促進と代謝を高める効果からダイエットとして酸素水を愛飲しているケースがあります。

 

酸素水について、その前に

 

なぜ現代人にとって酸素水が必要なのか?

それは現代が抱える酸素不足と関係があります。

 

酸素水って何?

 

 

人間は生きていくために酸素を必要とします。

酸素の役割とは、食べ物をエネルギーに変え循環器や脳、筋肉などに活力を与えることです。

 

また、人間の体内の約60%以上は水で成り立っており1日に排出される水の量は約2.5ℓ。

したがって、その同じ量の水を体へ取り入れる必要があります。

 

そのように考えると酸素と水を同時に取り入れることが必要となりますが、それが可能なのが酸素水となります。

 

酸素水とはその名の通り酸素が溶けた状態の水のこと。

酸素水を高濃度酸素水とも呼ぶ理由は、自然界には存在しない高濃度の酸素を水に溶かしているからです。

 

「酸素水と水素水の違いが分かりづらい?」との指摘がよくありますが、答えは簡単です。

酸素水は前述したとおりの内容、水素水は水素が水に溶けた状態の水のことを言い、当然それぞれの効果も違ってきます。

 

参考:水素水って何?その効果、賢い選び方、飲み方を理解して活性酸素を退治しよう!

酸素水の効果

 

 

現代人は、その環境などから酸素が不足がちです。

なぜなら、排気ガスやゴミなどによる環境汚染、都市部の人口過密や室内での密閉状態の環境などから体内の酸素濃度が減少しているからです。

 

体内の酸素が不足すると動悸、息切れ、めまい、集中力の低下など様々な体調不良を引き起こします。

 

空気中には約21%の酸素が溶け込んでいますが、都市部では約20%と言われており、酸素は例えたったの1%の濃度が減少しただけでも私たちの体に影響を与えることは理解してください。

このわずか1%の違いが現代人のストレスを生んでいるとも言われているのです。

 

田舎町や自然の多い場所に行くと「空気が美味しい」とはよく言いますが、これは空気が澄み切っていることに加え酸素濃度も関係しているといえるでしょう。

 

酸素が不足がちになりやすい環境下での生活や仕事などに従事している方は酸素水を飲むことで健康体になり体調不良の改善にもつなげることができます

水自体にも含まれるミネラルなどが栄養素となりますので水素水を飲むことは私たちの体にとっては一石二鳥といえるのです。

 

また普段の生活だけではない、スポーツや運動、ハイキングなど体を動かし汗を流したあとは、健康体の方でも水分と酸素が不足しますので、これら両方を補える酸素水を飲むことで体調を整え疲労回復や集中力のアップなどに効果があります。

 

例えば、アスリートが酸素水を競技などの前に飲むのは運動によって失われる分の酸素と水を予め備えるためです。

 

ダイエット効果にも

 

 

酸素の役割として血液の循環を促し新陳代謝を高めることが挙げられます。

 

したがって、酸素が不足しますと、血行不良や新陳代謝の低下を招くことから体内で老廃物が溜まりやすくなります。

この老廃物こそ太る要因です。

 

そのとき酸素を取り入れ改善しようとしますが、水も同じように血行促進や新陳代謝を高める役割がありますので水素水を飲むことでその両方の相乗効果から体内の老廃物を排出させるのです。

したがって、水素水を飲み続けることでダイエット効果が得られることにつながっていきます。

 

その他の効果として、

喫煙者は肺に負担がかかりやすくなり酸素吸収率が低下するために酸素の補給が必要。

飲酒もアルコール分解のために酸素が必要。

酸欠になりやすい暑い日の熱中症対策として酸素が必要。

 

これらは酸素の補給だけではなく酸素水を飲むことで酸素と水の両方から相乗効果を得られることは簡単に理解できますね。

 

効果のまとめ

 

酸素水のこれまでの効果をまとめますと

 

  • 酸素が不足がちになりやすい環境下の方へ
  • スポーツや運動の前後の酸素補給として
  • アスリートが不足するであろう酸素を予め補給するために
  • 酸素を程よく取り入れて老廃物を排出することでダイエット効果
  • 喫煙時の酸素吸収率の低下を補うために
  • 飲酒からアルコール分解を促し二日酔いの予防にも
  • 酸欠になりやすい熱中症対策として

 

以上の状況では酸素を補給することになるのですが、水も酸素と同じような効果を得られることから酸素水を勧める理由となります。

 

酸素水の選び方

 

これまで、酸素水の効果について話してきましたが、デメリットとしては残念ながら医学的にはその効果はまだ実証されていないことが挙げられます。

 

というよりも酸素水に限らず水のような時間をかけて効果を得るような療法は科学的な証明が難しいのも確かなことなのです。

 

水の効果とは、はっきりとした定義が存在しないため薬事法に触れないぎりぎりの効果をうたい販売されている水もありますから注意してください!

 

以上のことから、ここでは特に長く支持され売れている酸素水であることが消費者からの信頼の証として3点ほどお勧めできる酸素水をご紹介していきたいと思います。

 

ポイントは溶存酸素量

 

 

酸素水を選ぶ前に、溶存酸素量といいまして酸素が水の中にどのくらい含まれているかが選ぶポイントとなります。

溶存酸素量を計る単位としては(ppm)や(mg/L)が用いられます。

分かりやすい例として、1ppmとは、水1ℓ中に含まれる酸素の量が1mgということ。

 

各メーカーごとに、溶存酸素量の表示方法が若干異なりますが、(ppm)と(mg/L)が基準となります。

 

水道水は通常約3~5ppmであることも覚えておいてくださいね!

 

WOX(ウォックス)

 


 

原材料名:水、酸素
原産国:日本

栄養成分(100mlあたり):エネルギー0Kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物0g、ナトリウム0mg、カルシウム0mg、マグネシウム0mg、カリウム0mg 、
pH 6.9、硬度0mg、熔存酸素濃度:充填時40ppm(mg/L)以上。

(HPより)

 

オキシゲナイザー

 


 

原材料名:水、酸素
原産国:マレーシア

栄養成分(100mlあたり):エネルギー0Kcal、タンパク質・脂質・炭水化物:0g、ナトリウム:0mg
PH値:6.6-7.2、硬度2mg/L(超軟水)、溶存酸素:150mg/L

(HPより)

 

高濃度バナジウム酸素水

 


 

原材料名:水、酸素
原産地:山梨県

栄養成分(100ml 当たり):エネルギー0kcal、たんぱく質、炭水化物0g、ナトリウム1.60mg、マグネシウム1.10mg、カルシウム2.10mg、カリウム0.21mg、
バナジウム48μg、硬度65mg/L、酸素(充填時)120ppm

(HPより)