炭酸水の健康・美容・ダイエットの効果から飲み方まで正しい知識は『女性に磨きをかける!』

 

炭酸水とは炭酸ガスを含んだ水のこと。ソーダ水とも呼ばれます。

日本では炭酸ガスを含んだ地層が少ないことから天然の炭酸水が採水しづらく、そのため、ほとんど飲まれてきませんでした。

 

そんな知名度の低かった炭酸水ですが、最近では健康から美容までその効果が認められてきたことで好んで飲まれるようになり、

街中では男女を問わずペットボトルの炭酸水を飲む光景もよく見られるようになりました。

今では、ガス内圧が高めの製品も登場し、『強炭酸水』という名で販売されています。

 

しかし、どうでしょう?

炭酸水を自分の好みで飲んでいるならそれ自体は良いと思いますし、他人がとやかく言うこともないと思います。

 

ですが、炭酸水をせっかく飲むのであれば、ただ口の中のサッパリ感や現代のトレンドに流されるのではなく、健康・美容・ダイエットなどの効果や正しい飲み方まで知識として知っておきたいと思いませんか?

 

主に炭酸水の効果は疲労回復血行を良くするということですが、

今回さらに、調べたところ

どうやら、『食いしん坊だけどダイエットもしたい方』には最適な水のようです。

 

では、炭酸水について探っていきたいと思います。

 

炭酸水の5つの効果

 

炭酸水とは、気体である二酸化炭素を圧力をかけて水の中に溶かした状態です。

私たちが炭酸水を飲むとき、(炭酸水が入った)ペットボトルや缶などのふたを開封します。

そのとき、それまで圧力がかり閉じ込められていた二酸化炭素が一気に外へと解放され大気中に発散、その際に泡が発生する仕組みです。

 

では、炭酸水の効果を話していきたいと思います。

炭酸水には、主に以下に挙げた5つの効果があります。

 

    • 効果1. 冷えの解消
    • 効果2. 疲労回復
    • 効果3. 美容効果とセルライトの解消
    • 効果4. 食欲促進
    • 効果5. 食欲を抑えダイエット効果

 

効果4.効果5.は、「矛盾している?」と、当然思われるでしょうが、納得いきますよう順に話していきます。)

 

効果1. 冷えの解消

 

炭酸ガスは「老廃物」?

 

炭酸ガスは二酸化炭素です。

したがって、それが体内に入るとある意味「老廃物」として認知されるのです。

炭酸水を飲むと血液中の二酸化炭素の濃度が高くなりますから体はその二酸化炭素を「老廃物」として体外へと排出しようとします。

そのとき「酸欠」とも勘違いすることから血流量が増え血行が良くなります。

血行が良くなると、体の細部まで血液が行き渡り体の冷えを改善することにつながるのです。

これが炭酸水による冷えの解消への効果です。

 

さらに、このときミネラルが多く含まれる硬度の高い炭酸水で飲むと体の代謝も上がりますから

  • 『血行が良くなる』
  • 『代謝を上げる』

という2つの炭酸水による効果が期待できるのです。

 

血流の悪さも原因の一つとされる『肩こり』、『腰痛』にも炭酸水は効果があるのはそのためです。

 

 

※ Point ⇒  冷え性の改善には硬度が高めの炭酸水に効果あり。

 

参考:水の軟水、硬水って何?硬度よる効果・効能と選び方までを解説!

効果2. 疲労回復

 

「真水より炭酸水を飲みたい!」

 

運動や仕事で疲れたとき炭酸水を飲むとスッキリしたという経験は誰にでもあると思います。

 

人は筋肉を動かすと体内では脂肪と酸素を燃焼しますが、同時に乳酸と水素イオンを発生させます。

そのとき炭酸は乳酸と水素イオンと結びつくことでこれらを二酸化炭素と水に変化させ外へと放出させるのです。

ちょっと小難し説明ですが、要するに炭酸の働きがからだの疲労を取り除いてくれるということです。

 

夏などに運動をして汗をかいたあと「真水より炭酸水を飲みたい!」と思うのはそのためです。

炭酸水のほうが体にとって疲労回復に繋がるからです。

 

pHが高めの炭酸水を選ぶ理由

 

人間の体は安定した状態だと約7.4 pHの弱アルカリ性ですが、疲れてくるとpH値が低くなり酸性方向へと向かって行きます。

そのため酸性へと傾いた体をアルカリ性へと戻すことが求められます。

疲れを癒すためには同じ炭酸水でもpH値の高めの炭酸水が良いということです。

 

市場に出回る炭酸水はpH値が低めで酸性のものが多いですからpH値が高め、できれば7 pH以上のアルカリ性の炭酸水が疲労回復には向いています。

pH値の高い炭酸水としては日本人にも親しまれているイタリアの『サンペレグリノ』(pH値=7.8)がおすすめです。

 

 

※ point ⇒  疲労回復にはpH値が高めの炭酸水に効果があり

 

(※pH値が高い炭酸水は刺激が強めですから寝る前などリラックスしたときの飲水は避けた方が良いでしょう。)

 

pH値についてはこちらが参考となります。

参考:アルカリイオン水の効果・効能!気になるpH値と病気予防まで正しい理解で飲む方法!

効果3. 美容効果

 

美容に炭酸水の訳とは?

 

炭酸ガスは酸素に比べ約20倍以上の透過性があります。

水や脂にも溶けやすく、そのため体内の細部にまで浸透しやすいのが特徴です。

 

エステでは肌にこびりついた老廃物などを取り除くために炭酸パックの使用、美容室では炭酸水を使った洗髪をするのは、その浸透力と同時にタンパク質に吸着しやすいという炭酸ガスの性質から肌に残る古い角質や髪や頭皮の汚れを付着させ取り除く効果があるからです。

肌の奥まで浸透しタンパク質に吸着しやすい炭酸ガスの性質を活かした美容ということです。

 

自宅でお手軽に行える美容方法としては普段使っている洗顔料に水ではなく炭酸水で溶かした炭酸水洗顔が安価でおすすめです。

 

 

※ Point ⇒ 肌などの美容には、浸透力がありタンパク質に付着しやすい性質がある炭酸水を使った洗浄に効果あり

 

セルライトの解消

 

セルライトとは脂肪細胞の周りに老廃物や水分が溜まりやすくなることでできる塊のようなもの。

表面上は凸凹としていて以外に痩せている方にもできたりします。

成人女性に多くみられ一度出来てしまうとどんどんと大きくなっていくもの。

そうなると食事制限や運動などでは減らすことが難しいはっきり言えば“くせ者”なのです。

 

セルライトが作られる要因は新陳代謝の低下や血行不良が主な原因です。

冷え性の方、特に血行が悪く冷えやすい部分にできやすいので、セルライトを減らしいていく優先順位としては、まずからだの冷えを抑えることが先決です。

そのためには前述のように血行を促進しからだの末端まで血流を行き渡らせる効果のある炭酸水がおすすめとなります。

このとき硬度が高い炭酸水を飲むことで新陳代謝を高めていきます。

 

炭酸水を飲みながら『からだの不要物を取り除く』リンパマッサージを行うこともセルライトの解消には良いでしょう。

 

硬度が高めの炭酸水としてスパークリングウォーターの代表格フランスの『ペリエ』(硬度417mg/ℓ)、イタリアの『サンペレグリノ』(硬度640mg/ℓ)などがあります。

(※スパークリングウォーターとは天然の炭酸を含んだミネラルウォーターのこと。)

 

 

※ Point  ⇒  セルライトの解消にはpH値が高めの炭酸水を飲みマッサージを行うと効果あり!

 

効果4. 食欲促進

 

「ガス入り?」それとも「ガスなし?」って何!?

 

欧米などのレストランで水を頼むと「ガス入り?」それとも「ガスなし?」のどちらかを聞かれます。

ガス入りの水とは炭酸水のことです。

日本では“水はただ“という認識があるので外食をするとだいたい席に真水が用意されますね。

しかし、外国ではミネラルウォーターにお金を払って飲むのが一般的です。

そのとき炭酸水(ガス入り)かどうか聞かれる訳です。

 

食前に150~200mℓの少量の炭酸水を飲むと胃の粘膜を刺激することで胃酸の分泌を促し、食欲を高める効果があります。(食前にシャンパーニュを飲むのは同じ理由から)

また、炭酸水は、お口の中をさっぱりさせ、食材の味も引き立てます。

食事をおいしく召し上がるためにも少量の炭酸水を食前に飲むことをぜひ試してみてください。

 

 

※ Point ⇒  少量の炭酸水を飲むと食欲を促進する効果あり!

 

効果5. 食欲を抑えダイエット効果

 

今度は炭酸水を少し多めに300~500 mℓを飲むと炭酸ガスにより胃が膨らみますので満腹感から食欲を抑える効果があります

 

(前記では、少量の炭酸水は食欲を高める効果があることを話しましたが、少量は、食欲促進効果、少し多めは食欲抑制効果があるということです。)

 

「太りたくない!」、しかし、「お腹が空いて我慢できない!」というときは、多めの炭酸水を飲めば空腹感が満たされますのでダイエットにもつながります。

このとき体内に入った炭酸ガスは食欲を抑えるだけではなく血流の働きもよくなりますので体にとっては更に効果が期待できます。

 

炭酸水は基本的に体に良いので飲んでもダイエットのリスクが無いのがうれしいことです。

 

先ほど、『少量の炭酸水は食欲を促進する効果があり、今回は多めの炭酸水が食欲を抑える』ということで飲む配分量がごちゃ混ぜになったかもしれませんので、ここで分かりやすいように飲む量とその効果をそれぞれ図で示しますと

 

↓     ↓     ↓

 

 

これで、冒頭の矛盾も解決して頂けたと思いますが…。(汗)

 

炭酸水の飲む量のさじ加減がそれぞれ微妙なところではありますが、炭酸水の飲む量を250 mℓ位を境に、その後のお腹の具合を各自確かめてみるのも面白いかと思います。

 

 

私のお酒好きの友人は、あまりビールを飲みません。

 

ビールが嫌いなわけではなく大好きなのですが、本人曰く「ビールを飲むとお腹がいっぱいになっちゃうから!(お酒と一緒に食べ物が食べられなくなる!)」とのことです。

 

お酒を飲む方であれば、これはけっこう共鳴する方もいるのではと思いますが、多めの炭酸水(この場合はビール)は胃を膨らませ満腹感を感じることにつながるからでしょう。

 

 

 

 

※ Point ⇒  多めの炭酸水を飲むと食欲を抑えダイエット効果あり!

 

 

以上が、炭酸水の5つの効果です。

 

炭酸水の飲み方

 

炭酸水の5つの効果を理解していただけたところで、次は飲む炭酸水の内容と飲むタイミングについて簡単にお話しします。

 

飲む炭酸水について

 

まず飲む炭酸水について、健康や美容まで考量すると糖分0の炭酸水が最も効果的です。

糖分を含んでいれば甘いため飲みやすく量も多く飲めそうですが、体内に糖分が溜まってしまっては健康や美容、ダイエットに至るまで逆効果になってしまいますね。

ここは我慢して無味無臭、糖分0の炭酸水を基本とした上で炭酸水を飲みましょう

 

またこの記事から炭酸水の効果についての知識を得ましたので、今の自分が目指す効果が出やすいpH値、また硬度を考量した炭酸水を選んでください。

 

水は長く続けて飲むことで一番効果が出やすい方法です。

したがって、長期的な家計のやり繰りから、さらにあなたにとって飲みやすい炭酸水を選べたら素晴らしいですね。

 

飲むタイミング

 

自分に合った炭酸水を見つけたら、それを飲む効果的な時間帯(タイミング)についてお話しします。

 

起床時、食事前、入浴前後、就寝前、仕事の後に飲むことは効果的で体にとっても優しく生活のリズムにも合っています。

一回でコップ一杯分の炭酸水が理想です。

ペットボトル(500ml入りの場合)ですと2~3回に分けて飲むと良いでしょう。

一度開封したペットボトルは、まだ炭酸水が残っているなら必ずフタを閉めてくださいね。

そうすれば短時間に炭酸ガスは抜けません。

 

但し、炭酸水はご存知なように体内に入ると炭酸ガスが刺激となりますので、ダイエットなど早期の効果を期待するような一気飲みや過剰摂取は避けてください。

からだにとって逆効果となります。

 

個人の体質を考え無理せず適度な量を飲むことが大事です。

 

参考:水で効果を上げ健康になる『水飲み1dayプログラム』を作ろう!

 

炭酸水のおいしい飲み方

 

炭酸水は夏の暑いときや汗をかいたときなどはさっぱりしておいしく感じるかもしれませんが、基本的に味は感じづらい飲みものです。

 

そこで、何か一味添えて飲む方法がおすすめです。

このとき、糖分が多めに含まれる清涼飲料水は体内に糖分がたまりやすく健康や美容には適しませんので出来るだけ糖分の少ないものを添えましょう。

 

例えば、輪切りのレモン、ライムを添えて飲むと不足がちなビタミンCの補給にもなります。

また黒酢を添えて飲むのも良いでしょう。

この飲み方は一般的ですが一番飽きずに飲める方法でもあります。

 

どうしても酸っぱく感じてしまう場合は少量であればハチミツを加えて飲むのも良いでしょう。

また、柑橘系の果汁を添える方法も良いでしょう。

 

外国での天然炭酸水の役割

 

日本では天然の炭酸水はごく一部でしか採水されませんが、外国では古くから多く採水されてきたことで天然の炭酸水は生活に欠かせない水となっています。

 

外国では食前に飲み食欲の効果を得る以上に炭酸水自体が”生活の一部“でもあるのです。

 

日本にもその良質な外国産の炭酸水が輸入されていることはうれしいことですね。

 

外国産ミネラルウォーターは採水地によって含まれるミネラル成分や硬度から味や口当たりまで違ってくるように天然の炭酸水にはそれぞれの発砲感が違ってくるところが楽しめるところです。

 

(一度お試しを!)

 

日本でも天然の炭酸水が摂れる!?

【aWa心水】出典 : https://www.mizuhiroba.jp/

 

天然の炭酸水が日本でも飲めるのはフランス・イタリア産などの輸入物がたくさん入ってくるからですが、日本でも天然の炭酸水が採水されるところがあります。

もちろん飲むことも可能です。

それは、福島県奥会津にある金山町という場所で採水される天然の炭酸水。

 

実はこの炭酸水、歴史は古く、はるか遡ること明治時代からヨーロッパの上流階級向けに『芸者印タンサン・ミネラル・ウォーター』の名で輸出されていたのです。

国内では当時『万歳炭酸水』の商標で売り出されていました。

その後は当時の交通事情もあり100年の間は休業状態でしたが、現在はうれしいことに復活しデリケートな炭酸水の商品化を技術的に成功、加熱処理をせずに特殊ろ過殺菌された状態で市場に出回るようになりました。

 

その現在の商品名は『aWa心水』。

含まれる炭酸ガスも1000mg/ℓ以上ありしっかりとした発砲感を楽しめる純国産の天然炭酸水です。

 

但し、採水量は少ないため限られた量しか摂れないようなのがちょっと残念です。

それだけ日本では天然の炭酸水は貴重なのですね。

(調べたところ同じ採水地からと『aQaizu』というブランド名でも天然の炭酸水が販売されています。)

 

追記)ウィルキンソンについて

 

炭酸飲料として有名なウィルキンソンについて調べたところ

 

1889年頃、日本に定住していたイギリス人のクリフォード・ウィルキンソン氏が狩猟の途中に、兵庫県有馬郡塩瀬村生瀬(現在の兵庫県西宮市塩瀬町生瀬)で天然の炭酸鉱泉を発見した。後に、ウィルキンソンのタンサンとして、国内外の27地域で販売した。
(出典:Wikipediaより)

 

とありました。

 

元は純国産の天然炭酸水として販売されたウィルキンソンですが、現在販売されているものは人工的に作られた炭酸水です。

 

しかし、ウィルキンソンは色々な種類の炭酸水が販売されているように現代人の味覚や調理法に適した炭酸水を開発・販売され私たちを喜ばせています

 

これまでの企業努力によって培われた知名度と販売力から日本の炭酸水の代名詞がウィルキンソンと言えます。

 

まとめ

 

▼ 炭酸水の5つの効果

 

    • 効果1. 冷えの解消⇒ 硬度が高めの炭酸水
    • 効果2. 疲労回復⇒ pH値の高めの炭酸水
    • 効果3. 美容効果とセルライトの解消⇒ pH値が高めの炭酸水とマッサージ
    • 効果4. 食欲促進⇒ 少量の炭酸水を飲む
    • 効果5. 食欲を抑えダイエット効果⇒ 多めの炭酸水を飲む

 

▼ 炭酸水の効果的な飲み方

 

    • 飲む内容⇒ 『糖分0』が基本。あなたが目指す効果が最も出やすい『pH値』、『硬度』を考量した炭酸水を選ぶ。
    • 飲むタイミング⇒ 『起床時、食事前、入浴前後、就寝前、仕事の後』に飲むと生活のリズムにも合って効果的。分量として一回でコップ一杯分の炭酸水。
    • 飲むときの注意⇒ 個人の体質を考量し無理のない『適度な量』を長期的に飲む。