バナジウム天然水の効果から飲み方・副作用まで理解しよう!

 

近年、バナジウム天然水は最も注目される天然水の一つです。

 

その理由に限定される採掘場所とその効果効能への期待感があるからだと思います。

 

バナジウム天然水についてちょっと気になっている方、また飲んでみたい方は
この記事がこれからお役に立てると嬉しく思います。

 

バナジウム水とは

 

バナジウムとはバナジウム族元素のひとつとして自然界にとって希少な元素とされています。

 

名前の由来として北欧スカンジナビア神話に出てくる『愛と美の女神バナジス』にちなんでつけられています。

食品ではひじきが特に多く、その他に乾燥わかめ、あさり、海老などにも含まれています。

 

バナジウム水と言えば富士山で採取される天然水が有名ですがそれには理由があります。

 

富士山には約10万年間にわたり噴出したマグマによって作られた玄武岩の地盤が7層ありますが

雪解け水や雨水などが長い年月をかけて玄武岩に浸透しそのためミネラルを溶かした良質なバナジウムを含んだ天然水が摂れるのです。

 

富士山の名を冠したバナジウム天然水が売られているのはそのような理由からです。

 

バナジウム水の効果

 

 

バナジウムはミネラル成分の一種としてインスリンに似た物質であることから血糖値を下げ糖尿病の予防、代謝の促進からダイエットに効果があるとされています。

 

東京医科大学による研究ではバナジウムを投与すると血糖値が下がったという結果が報告されています。

 

インスリンは血糖値を下げる役割があるからです。

また、血中コレステロールを下げ血液が固まるのを抑える働きから血液がサラサラになり、しいては脳卒中、脳梗塞、くも膜下出血の予防にも期待されています。

 

いずれにしてもバナジウムに期待する効果は血糖値を下げる働きです。

(血糖値とは血液中の糖分を数値化したものです。)

 

近年、バナジウムが最も注目される理由として日本人の5人に1人が国民病と呼ばれる糖尿病やその予備軍とされていることが挙げられると思います。

 

実際に糖尿病にかかると視力の低下や日常生活の支障、更には合併症までを引き起こしてしまいます。

 

それだけに糖尿病は深刻な問題とされています。

特に日本では高カロリーな食材が簡単に手に入ってしまうことから同時に糖尿病予防は欠かせません。

 

もちろん糖尿病には生活習慣の見直しや食事療法の改善が大事ですが

生活をしていく上で水分を補給するなら糖尿病予防に適したミネラルを含んだ水を摂りたいと思うことからバナジウム水が注目されるのでしょう。

 

バナジウム水の正しい飲み方と副作用について

 

バナジウムはミネラルの一種ですから体が成人のような体でない赤ちゃんやお年寄りにはお勧めできません

 

また成人や健康体の人でも過剰な摂取は中毒症状を招く恐れがあります。

中毒症状とは下痢や精神的な症状などの副作用のことです。

 

例えば、一般によく売られている【Asahi『バナジウム天然水』】のペットボトルのバナジウム含有量は(6.2μg/100mL)となっていますが、これよりも含有量の多いバナジウム水も別のメーカーから販売されています。

 

但し、バナジウムの即効性を求めるような過剰な摂取をしなければ問題はありません。

 

妊婦さんにも飲んで問題ありません。

 

適度な飲料を継続的に飲み続けることが一番の効果があるとされています。

 

ペットボトルの価格

 

2ℓ入りのペットボトルが1本約200円前後で販売されていますのでお手頃価格なお値段で手に入れることが出来ます。

 

これなら毎日飲み続けてもお財布には優しい感じで摂取することが出来るかと思います。

 

まずはお試しにある一定の期間適度な量を飲んでみることをお勧めします。